漫画アシスタントというお仕事 その5


在宅デジタルアシスタント(以下在宅デジアシ)を雇う漫画家の先生は、

僕の経験上、とても丁寧な対応をしてくれる方が多いです。

背景を描いて、ファイルをお送りすると、

「ありがとうございます!」

「いい感じです!」

と、こちらの予想を超えて持ち上げてくれてる先生が多い気がします。

スカイプチャットの話ですね。

 

とても嬉しいし、安心します。

同時に、気をつかっていただいているのだなぁとも感じて、

ちょっと申し訳ないな~とも感じます。 (^-^;)

 


絵文字の大切さ

世間では、絵文字・顔文字仕事で使うのは良くないこととされてるようです。

 

漫画家の先生の絵文字は、安心するので

僕は使ってほしい派です。

(^0^)/ とか (≧∇≦)ノとか


(^-^)ゝ とか (≧ω≦)b OK!! とか

とにかく絵文字があると安心します。

逆に、

了解しました。

だけだと、

「あれっ?ちょっと時間かかっちゃったの怒ってるかな…」

とか、すぐ不安になってしまいます。

常に全力のスピードでやってないからそう感じるんだって?

すいません…(^□^;)


僕が、手が遅いというコンプレックスを持ってるからでしょうか。

気にしすぎ?

いやいや、不安になりますよね。


^^ だけでも、

「あっ、怒ってない。よかった!」

って思えます。


と言ってますが、僕の方から絵文字を使うことはありません。

ほぼ…つーか、ほとんど、

100%ないですね~。

やっぱ…上に書いたように、

仕事で使うのはちょっと、失礼なんじゃないかな…とか

気になっちゃいますよね。(^◇^;)

 


とにかく僕は、絵文字 大好き派でございます。 (*^。^*)

 

長文、最後まで、ありがとうございます!

 

 

漫画アシスタントというお仕事 その5 おわり

 

 

 

--------------------------------------------
流星光ツィッター

https://twitter.com/emphasizeman

流星光ニコニココミュニティ

http://com.nicovideo.jp/community/co1322310
--------------------------------------------

hikaru.m49.coreserver.jp