アナログアシ時代の思い出 その7

漫画のお手伝いをする以外にも

アシのやる事はいろいろありました。


現在の僕のお仕事は、

漫画家の先生が漫画を描くのをお手伝いしてお金をいただくことです。

それが、アシスタント

在宅でパソコンを使って描いているので、

「漫画を描く」以外のお仕事は、ほぼありません。


でもアナログアシ時代には、

それ以外にいろいろなことをしなければいけませんでした。

 


日常の食糧の買い出し。

電話番。

先生の引っ越しのお手伝い。

先生とお酒を飲みに行く。

先生が集中するために、ただそこにいる。

などなど…。

 

電話がかかってきたら100%先生にかかってきてるんだから

先生がとればいいのに、と思ったんですが

アシがまず電話を取るって決まってたんです。


アシが電話をとって、

「先生、お電話です」

と取り継ぐんです。

あ、最初の先生 ロイホ先生(仮名)の仕事場の話ですね。

なんか、秘書を雇ってるみたいでカッコよかったんじゃないでしょうか。


先生は、電話に出る時は必ず

「はい、漫画家のロイホです」

と名乗りました。

自分は漫画家である。

漫画を世の中に発信しているのだ、というプライドのあらわれでしょうか。

いつ、どんな相手からかかってきても

「はい、漫画家のロイホです」

と名乗っていました。

 

ロイホ先生は、右腕を骨折したあと引っ越しをしました。

結婚して、新居を購入したとのことでした。

それが、東京ではなく静岡県のとある町だったんです。


別に漫画家を辞めるというワケではないですよ。

連載は継続中です。

渋る担当編集者さん

「ぜったいに原稿は遅れないようにするから!」

と約束して、説得したようでした。

 

引っ越しの荷造りに、アシが招集されました。

その時は、BさんCくんは、もういません。

新しく、僕より年上で雑誌掲載経験もあるキャップさん(仮名)

若いのにスポーツカーを乗り回していたアゴくん(仮名)

新しく加入していました。

 

ロイホ先生は、骨折から復帰して漫画の執筆は始めていましたが、

引っ越しで重い物を持って、またピキッとやってしまってはイカンと

ほとんど何もせず、

荷造りをアシに任せっきりにして、ぶらぶらしていました。


気がつけば、僕が一番古いアシになっていました。

 つづく…

 

 


アナログアシ時代の思い出 その7 おわり

--------------------------------------------
流星光ツィッター
https://twitter.com/emphasizeman

流星光ニコニココミュニティ
http://com.nicovideo.jp/community/co1322310

PIXIV
https://www.pixiv.net/member.php?id=369813
--------------------------------------------

hikaru.m49.coreserver.jp