アナログアシ時代の思い出 その19

 

賞金100万円の新人漫画賞をいただいたことで、
僕は地に足がつかない状態になっていました。

 

当時、まだ数回、ロイホ先生(仮名)のアシスタントが残っていたので、
静岡県まで新幹線で行き、
3泊4日ほどの日程で背景を描いていました。

 

受賞したことで、
僕は、自分の明るい未来しか思い描けませんでした。

週刊連載をして人気が出て、

アニメ化!ドラマ化!映画化!

とかそんな感じです。

実際は、それが、どのような道のりなのか
まったく想像できてませんでしたけど。

 

これからどうやって頑張ればいいのかも
よくわかっていませんでした。

 

新幹線に乗る前に、
これからは文化人になるのだからと、
『AERA』とか、なんかそういう情報誌っぽいのを買って読んでみたり。

読んでみたところで、よくわからなかったりで、
完全に空回りしてた気がします。


僕の担当編集者ザクロさん(仮名)
大きな賞を受賞したことで
がぜんやる気になりました。

 

「週刊連載を勝ち取りましょう!」

ということで僕は、ネームというかプロットというか、
とにかく連載できるような作品を作るために頑張りました。

もちろんマック先生(仮名)の週刊連載のアシを続けながら。

 

マック先生の仕事は毎週水曜~土曜まで


それからネームを切って、
火曜日にザクロさんと打ち合わせです。

 

最初は、毎週ネームを持って行ってたんですが、
時間の使い方が超下手クソで、
計画性のない僕です。

土曜日にアシが終わると、

「終わった~!」

となって、とりあえずその日は酔っぱらって寝ます。

 

で気がゆるんで、日、月と、だらだらしてしまって、
月曜の夜になってやっと、

「あああ…、明日までにネームやらないと…!」

って、めっちゃ焦って、

ひと晩で、ネームみたいなモノをでっちあげる訳です。


1ページの真ん中にタテ描きで、

「いろいろあって、ケンカになる」

と書いてあるページから3ページ連続で、

「ケンカ」「ケンカ」「ケンカ」

で、次のページが、

「なんだかんだで、オチ。END」


とだけ書いた、お世辞にもネームとは呼べないシロモノを持って、

編集部まで行く日々が続きました。

それを見たザクロさんの顔も曇ります。


何週目かの火曜日、

ついに僕は、電車の中で腹痛を起こして、
途中の駅で降りてしまいました。


「すいません、途中でお腹が痛くなってしいまって…。行けません」

と電話をすると、ザクロさんは、

「そうか。わかった」

とだけ言いました。


それから、ザクロさんとの毎週の打ち合わせは、なくなりました。

週刊連載の話は、立ち消えになりました。

マック先生のアシスタントだけに

心血を注ぐ日々が始まったのでした。

 


つづく…


アナログアシ時代の思い出 その19 おわり

 

--------------------------------------------
流星光ツィッター
https://twitter.com/emphasizeman

流星光ニコニココミュニティ
http://com.nicovideo.jp/community/co1322310

PIXIV
https://www.pixiv.net/member.php?id=369813
--------------------------------------------

漫画家・流星光の個人サイト『タイムマシーン・ジャーナル』