デジタル漫画の教科書 その2

 
このブログは、「教科書」という名前にしているし、

この記事のタイトルにも「デジタル漫画の教科書」なんて
大それたタイトルをつけさせてもらってるんですけど、

まあ、基本はブログなワケで。

それについて、僕が日々思ったことを書いていくという

アバウトでいい加減な感じにしていきたいなぁと思ってます。

で、それらの記事をつらつら読んでいくうちに、

漫画業界について、あるいは漫画家という仕事について、

あるいは、漫画アシという仕事について、

理解を深めていただけたらいいなーという企画なんです。

ということで、よろしくです。

----------------------------

で、今回、僕は、左手用ゲーミングキーボードという物を
導入しようと思いました。

 

先日、

 

「ああ!俺は遅い!背景とか描くのが遅いんだああ!」

って思う出来事があって、

もっと速くなりたい!と思ったんスよ。

なのでいろいろ模索してるんです。

 

僕は、いままで、

ペンタブとキーボードを使って漫画を描いてきました。

もちろんデジタルの話ね。

 

ぜんぶキーボードのショートカットキーで
まかなってきたんですよ。

でも、少しでも速くなれないかと思って。

 

ロジクールの、G13っていうヤツです。

https://goo.gl/AQqUYp

↑これです。(非アフィリエイト

いまは「G13r」言うみたいですね。

僕が購入したのは、もう…下手したら10年くらい前ですからね。

このG13は、それぞれのキーに、好きなキーを登録できるんです。

その他にも、ひとつのキーに複数のキーストロークも登録できるんです。

だけど、使えるキー少なすぎる!という理由で押し入れにしまったままにしてました。


でも、今回、また使ってみようと思ったんですよね。


で、使い方をいろいろ模索しました結論…


う~ん…

やっぱキーが足りない…気がする。

いやチャンネルは3つあるから、見えてるキーの3倍あるんだけど…

僕がやったのは、キーボードと同じようにキーを配置するという方法なんです。

「Tab」「Shift」「Ctrl」「Alt」「Space」

3つのチャンネル共通で、

残りをキーボードの1コ1コのキーを登録するというやり方です。


う~ん…

ちょっとややこしいな~。

これだったら、

今まで通り

普通のキーボードでショートカットキー叩いてる方が速い気がする。


なので、通常は、普通のキーボードを使って、

キーストロークが必要な場面で、限定的にG13を使用する

という方法でいってみようかと思ってす。


例えば、

選択範囲内にある画像を左右反転する、みたいな動作だと

「Ctrl+E」「N」「H」なわけだ。

それを、1コのキーに登録する。

そんな感じ使ってみようかな。

とにかく、使ってる過程で必要を感じたら、

そのつど登録していくという形でやっていこうと思ってます。


それで少しは速くなるでしょう。


以上です。

長文を読んでいただいて、ありがとうございました!

 

デジタル漫画の教科書 その2 おわり

 

--------------------------------------------
流星光ツィッター

https://twitter.com/emphasizeman

流星光ニコニココミュニティ

http://com.nicovideo.jp/community/co1322310
--------------------------------------------

hikaru.m49.coreserver.jp