漫画アシスタントというお仕事 その3

 


僕は現在、自分のスケジュールをウェブ上に公開している。

僕のホームページのトップページから
誰でも簡単に閲覧することができます。

 

ホームページ作った時に勉強した簡単なHTMLで作ったページだ。

 

そもそも世の中にあるカレンダー・スケジュール帳のたぐいは
表示や機能が複雑すぎて、

かえって見づらかったり複雑すぎたりする。

 

ずっとそのように思っていた僕は、
もう、ほんっとに簡単なページを作った。

 

アシの予定が入った日・用事があって仕事できない日は
赤い文字で「ア」または「私」。

 

「私」は、「私用」っていう意味です。

まず自分の休みたい日に「私」って入れてしまうので、
基本的に休みたい日は休むことができる。

 

で、アシの仕事に入れる日は、青い字で「〇」と表示してある。


これで一目瞭然。

それを見た漫画家さんが、

「〇月〇日~▽日まで、アシスタントお願いします」

みたいなメールをくれるのである。

 

そういう形で待っていると、

だいたい日程は埋まってくれるから

本当にありがたい。

スケジュールが、アシのお仕事で埋まるということは

翌月、お給料が入って生活できるということ。

僕の安定した生活の基盤がここにある。


だいたいお馴染みの先生が多い。

たまに、初めての先生からメールもらうこともあるけど。

 

何年にもわたってお手伝いさせていただいてる先生もいる。

 

何年もアシの仕事やってると、連載終了してしまう作品も出てくる。

そういう時は、当たり前だけど、

とりあえずその先生のお仕事は、いったん終了。

 

次に新しい連載が始まるときに、

また声をかけてくれるのを期待しながら待つしかない。

 

そうやって連載終了が重なると、

スケジュールに空きが目立ってくる。

つまり生活の危機!

 

そういう時は、アシスタント募集の掲示に書き込む。

「アシやりますけど、いかがですか~。

手伝ってほしい人、いませんか~」

みたいな感じに。(もっと丁寧だけど)


そんな感じで、僕を雇ってくれる漫画家の先生を探すのである。

 

今日は、ここまで。

最後まで読んでいただいて

ありがとうございます!

 

 

漫画アシスタントというお仕事 その3 おわり

 

--------------------------------------------
流星光ツィッター

https://twitter.com/emphasizeman

流星光ニコニココミュニティ

http://com.nicovideo.jp/community/co1322310
--------------------------------------------

hikaru.m49.coreserver.jp