デジタル漫画の教科書 その1

 

僕のデジタル作業は遅い。

デジタルは、時間がかかる。

デジタルにすれば、簡単で時短になると思っていた僕は、

まず、そのことに驚いた。

デジタルって、かなり慣れないと

手で描くより時間がかかるのだ。


それでも、ベタ、トーン仕上げに関しては時間短縮になった。

デジタルで、ぺぺぺぺッと塗れるベタを体験すると、
もうアナログには戻れないなと思った。

仕上げは速いけど、その他の、

絵を描く作業が、どうにも遅い。

「僕が遅いだけなのか?

いや、そんな速く描けるかよ!」


当時は、そう思っても、
比べるべき他の漫画家さんの知り合いもいなかったし。

「作業風景を見せてください~」

ってお願いするのにも勇気が必要だった。

 


いま6年くらいデジタル漫画アシをやっている僕が
当時のデジタル始めたばっかのころの僕に言おう。

「キミは遅い!とんでもなく」

「そんで、お酒飲みすぎ!」

 

「デジタルは、手慣れれば、とてつもないスピードで漫画を描くことができる」

あくまでも、手慣れればね。

そんで、いま現在の僕は、

まだ手慣れていない…。

 

とんでもない速さで背景を描き、

仕上げをする漫画アシさんは、存在する。


絵を描くためのツールの準備が完璧で、
完璧に使いこなしているために、

スピードが違う!

準備 と 慣れ  です。

 

※注釈

「絵を描くためのツール」とは

パターンブラシを作っておくとか

ダウンロードしておくとか、

ショートカットキーを完璧に覚えておくとか、

左手用デバイスに記憶させておくとか…。

いろいろあります。

 


実際にペンタブの上でペンを動かすスピードも速いけど、

「次に何をするか」

を考える速さがちがうんだと思う。

おそらくだけど。

完成までの全体像が見えていて、かかる時間も予測できてるんだろうな。

で、

こーやってあーやって、こーしてああして…ハイ完成!

って絵が、全部見えているに違いない。


僕は、まだまだです。

全然だめ。

21歳で初めてアナログアシスタントに入って、

「流星くん、遅いよ~!」

って叱られてた時代を思い出してます。


でも、いまが成長の時よ。

「くそ!なんで俺はこんなに遅いんだ!」

ってつ自分に腹を立てながら作業をすることで速くなります。

アナログ時代の僕の体験談です。

食らいつくしかありません。

 

「デジタル漫画の教科書 その1」おわり

--------------------------------------------
流星光ツィッター

https://twitter.com/emphasizeman

流星光ニコニココミュニティ

http://com.nicovideo.jp/community/co1322310
--------------------------------------------

hikaru.m49.coreserver.jp